読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイナリーオプションビギナーYT

初心者が1からバイナリーオプションを調べてみた!日々少しずつ前進!情報発信・まとめ その他趣味など

バイナリーオプションの種類

前回のデモ口座で少々やらかしましたので、「バイナリーオプションにはどんな種類があるのか」調べました。

▼わかりやすくまとめてある記事です。

取引の種類 - BO-ON-Line - Binary Options

 

どうやら、私がデモ取引をしたのは「レンジ(Range)」というタイプのようです。やはり当たりの範囲が広めで、リターンが低いようです。

私がBOとしてイメージしていたのは、「ハイ・ロー(High・Low)」ですね。

いろいろな種類がありますが、「ワンタッチ取引(One Touch)」タイプはわかりやすそうです。

 

上記サイトより引用

タッチ・ノータッチ:Touch・No Touch

xx 時 xx 分 00 秒までに、設定されたレート(※)に「達するか達しないか」を予測する取引です。

※「ワイド・タッチ」より現在値に近い値幅(タッチする可能性が高い=リターン率が低い)となります。

タッチ

ターゲットレートにレートがタッチした時点で取引終了(利益確定)となります。

右記の他にターゲットレートが現在値より下(下落を予測)の取引もあります。

ノータッチ

ターゲットレートにレートがタッチした時点で取引終了(損失確定)となります。

右記の他にターゲットレートが現在値より下(下落を予測)の取引もあります。

ワンタッチ取引タイプの中にも、「タッチ・ノータッチ」「ワイド・タッチ」という種類があるようです。

上記は「タッチ・ノータッチ」取引のものですが、「ワイド・タッチ」取引は「ノータッチ」が無いそうです。つまり、終了時刻までに相場(レート)が一定値(ターゲットレート)になるかどうかを当てるだけですね。

 

 ▼ワンタッチ取引の様子

goo.gl

前にも紹介した方の動画ですね。これはマネできないです。

正確な読みと、絶対の自信が無ければ無理でしょう。

 

動画の中で言及されていますが、「どんな知識があっても、それを活かせるかどうかは人それぞれ」というような話をなさっています。同じ仕事をやっても、個人によって出来が違ってくるのと同じ、ということです。要は「向き不向き」というやつですね。

こればかりはやってみないと分かりません。向き不向きというのは、実際にやってみて初めてわかることだと思います。

 

▼レンジ取引に関する動画もありました。「境界」というのがレンジ取引のことのようです。

goo.gl

専門用語が多くてわからない部分も多いです・・・

区切りのいい時間は相場が動きやすく、終了時刻としてはよくない、ということは分かりました。

 

▼ レンジに関しての記事も発見

境界オプションは上下のレンジ内かレンジ外で判断する - 格差脱出研究所

 

ここで気づきました。

デモでやっていたのはレンジではないですね。

 

レンジ取引というのは、終了時刻に相場が「一定範囲内」か、「範囲外」かを当てるものだそうですが、私がやったのはあくまで「上か下か」を当てるものでした。

ということは、ハイ・ローなのでしょうか?

こんな記事がありました→ラダーオプション

 

ラダーオプションはラダーオプションということですね。

さきほどのサイト(取引の種類 - BO-ON-Line - Binary Options)に載っていなかっただけのようです。まんまと惑わされてしまいました・・・情報に翻弄されているあたり、まだまだ初心者中の初心者ですね。

 

そろそろ専門用語も必要な感じがしてきました。

新しいことを始めると、覚えることが山積みです。