読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイナリーオプションビギナーYT

初心者が1からバイナリーオプションを調べてみた!日々少しずつ前進!情報発信・まとめ その他趣味など

BOにおけるMT4でよく使う基本操作

MT4設定

今回は、やっていそうでやってなかった、MT4の基本操作・よく使う操作について紹介します。

 

目次

  1. ローソク足の期間を変更する
  2. チャートの通貨ペア(銘柄)を変更する
  3. テクニカル指標(ツール)を表示する
  4. 表示中のテクニカル指標を非表示・再設定をしたいときは
  5. 複数のテクニカル指標を重ねて表示する

 

f:id:binarybeginner-yt:20150729103817p:plain

ローソク足チャートにしてボリンジャーバンドだけ表示させている状態ではじめます。

 

binarybeginner-yt.hatenablog.com

binarybeginner-yt.hatenablog.com

 

1.ローソク足の期間を変更する

f:id:binarybeginner-yt:20150729104138p:plain

▲画面上部のツールバーに、チャートの期間を変更できるボタンがあります。

 

よく使うのはM1(1分足)M5(5分足)です。

普段トレードに使うときはM1、より広いトレンドを見たいときはM5にします。

 

f:id:binarybeginner-yt:20150729104922p:plain

▲こちらはM1のチャートです。

 

f:id:binarybeginner-yt:20150729104956p:plain

M5にしたところです。

1本のローソク足でM1のローソク足5本分が表示されている状態なので、単純に5倍の範囲が表示されていることになります。

このチャートを見る限り、ここ数時間は上昇し続けている傾向にあることが分かります。これを見るだけでも、ハイかローか、どちらにエントリーしたほうが有利な状態かわかります。

 

2.チャートの通貨ペア(銘柄)を変更する

f:id:binarybeginner-yt:20150729110027p:plain

▲チャートウィンドウの左上(赤い四角で囲んでいるところ)を見ると、現在表示している通貨ペア(銘柄)が分かります。この画像はEUR/AUD(ユーロ/オーストラリアドル)を表示している状態です。

 

通貨ペアの切り替え方 その1

f:id:binarybeginner-yt:20150729111545p:plain

▲表示したい通貨ペアにカーソルを合わせて右クリックし、「チャート表示」を選択してもいいのですが・・・

 

f:id:binarybeginner-yt:20150729111833p:plain

▲選択した通貨ペアのチャートは表示されますが、この方法だと新しいチャートウィンドウを表示する挙動になり、さきほどのチャートで表示していたテクニカル指標などは引き継がれません。

 

f:id:binarybeginner-yt:20150729112419p:plain

▲チャートウィンドウの左下にあるタブから、表示させていた通貨ペアを選択し切り替えできます。前に表示していたEUR/AUDのチャート(テクニカル指標など)の状態も、ちゃんと残っています。

 

あらかじめ自分が使う通貨ペアの種類とテクニカル指標などを決めている場合、この方法で切り替えができるようになると早いと思います。ただしすべてのチャートでテクニカルの設定などをしておく必要があるので、初期設定にいくらか手間がかかります。

 

通貨ペアの切り替え方 その2

f:id:binarybeginner-yt:20150729113022p:plain

▲表示したい通貨ペアにカーソルを合わせ、チャートウィンドウにドラッグ&ドロップします。

 

f:id:binarybeginner-yt:20150729113217p:plain

EUR/JPYに切り替わりました。テクニカル指標などの状態も引き継がれています。

 

ただし、このやりかただと新しいチャートウィンドウを開いているわけではないので、タブで以前の通貨ペアに切り替えることはできません。通貨ペアのみを上書きしていると考えられます。

早く切り替えができるので、いつもこの方法を使っています。

 

f:id:binarybeginner-yt:20150729113658p:plain

▲ウィンドウの左下に通貨ペア切り替えのタブはできません。別の通貨ペアを表示したい場合は、新しく通貨ペアを表示させるしかありません。

 

3.テクニカル指標(ツール)を表示する

テクニカル指標の表示の仕方 その1

f:id:binarybeginner-yt:20150729114941p:plain

▲表示したいテクニカル指標(ツール)にカーソルを合わせ、右クリックし「チャートに表示」を選択します。

 

f:id:binarybeginner-yt:20150729115154p:plain

▲ダイアログが表示されるので、編集しておきたい項目を確認してからOKをクリックしましょう。

 

f:id:binarybeginner-yt:20150729115412p:plain

▲表示されました。

 

テクニカル指標の表示の仕方 その2

f:id:binarybeginner-yt:20150729115638p:plain

▲表示したいテクニカル指標(ツール)にカーソルを合わせ、ドラッグ&ドロップします。

 

f:id:binarybeginner-yt:20150729115154p:plain

▲ダイアログが表示されるので、編集しておきたい項目を確認してからOKをクリックしましょう。

 

f:id:binarybeginner-yt:20150729115929p:plain

▲表示されました。

 

4.表示中のテクニカル指標を非表示・再設定をしたいときは

f:id:binarybeginner-yt:20150729120132p:plain

▲チャートウィンドウで右クリックし「表示中の罫線分析ツールを選択します。

 

f:id:binarybeginner-yt:20150729120303p:plain

▲設定したいツールをダブルクリックするか、選択して「編集」ボタンを押します。

ツールを非表示にしたい場合は、非表示にしたいツールを選択し「削除」を押します。

 

f:id:binarybeginner-yt:20150729120526p:plain

▲ダイアログが表示されるので、設定し直したい項目を編集し、OKを押します。

 

f:id:binarybeginner-yt:20150729120651p:plain

▲編集しました。一目均衡表の雲だけを表示しました。

 

binarybeginner-yt.hatenablog.com

binarybeginner-yt.hatenablog.com

 

5.複数のテクニカル指標を重ねて表示する

f:id:binarybeginner-yt:20150729121606p:plain

▲下段のサブウィンドウにVolumes(ボリューム)とStandard Deviation(標準偏差)を重ねて表示させています。これは普通に「チャートに表示」を選択するだけではできません。

 

f:id:binarybeginner-yt:20150729121947p:plain

▲重ねて同時表示したいツールを、重ねたいチャート(サブウィンドウ)に向かってドラッグ&ドロップします。ダイアログが表示されるので、設定してOKしましょう。これで重ねて表示できます。

 

おわり

以上、MT4でよく使う基本操作でした。

いまのところ、MT4でこれ以外の操作はほとんど使っていません。もし便利な機能を発見できたら、また記事にします。

 

 

 にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
にほんブログ村

*** 関連記事