読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイナリーオプションビギナーYT

初心者が1からバイナリーオプションを調べてみた!日々少しずつ前進!情報発信・まとめ その他趣味など

テクニカル指標まとめ 指標2大系統:トレンド系とオシレーター系について

f:id:binarybeginner-yt:20150615164005p:plain

MTGより「祖先の知識」

これまでいくつかのテクニカル指標を紹介してきましたが、今回は情報整理もかねて、まとめ記事にします。

 

トレンドとオシレーター

今まで特に意識せず調べてきたことですが、テクニカル指標は大きく分けて2系統あります。

  • トレンド系・・・トレンドの方向性を判定する。主に順張りに使う。移動平均線、ボリンジャーバンドなど。
  • オシレーター・・・過去の価格から、現行レートが割合的に高い位置にあるか低い位置かを表す。トレンドの転換点を判定する。主に逆張りで使う。

MACDはトレンド系のテクニカル指標ですが、オシレーター系と同じような使い方をされることが多いため、そちらに分類されることもあるそうです。

 

どちらの系統も、順張り・逆張りで利用されます。

どの指標も単体で使うとダマシに遭うことが多いので、いろいろな指標を参考にしトレンド分析をするべきでしょう。指標が「何を表しているか」は決まっていますが、「どう使うか」はトレーダー次第です。

 

トレンド系

 ボリンジャーバンド

f:id:binarybeginner-yt:20150529175559p:plain

相場の偏差値をグラフにしたものがボリンジャーバンドです。

真ん中が標準偏差σ(シグマ)で、上下のバンド±2σ(または±3σ)でチャートの動きを見ます。

 

現行レートが上下のバンドを超えることはまれで、バンドに接触したレートは逆に動いていくと予想でき、バンドの内側にある限りはトレンドが続きやすいと判断できます。

バンドの幅をボラティリティといい、現在の値動きの激しさを見ることができます。

binarybeginner-yt.hatenablog.com

 

MACD

f:id:binarybeginner-yt:20150529210215p:plain

MACD移動平均収束拡散法という意味の略で、MACDラインシグナルラインの2つのグラフから成り立っています。

 

MACDラインが基準となるグラフで、レートの移り変わりを表しています。

山なりになっているので、現行レートが上り調子なのか下り調子なのかを判断するのに役立ちます。

 

また、2つのグラフが交わるとゴールデンクロスデッドクロスと呼ばれ、今後上昇するのか下降するのか見分ける材料になります。

binarybeginner-yt.hatenablog.com

 

一目均衡表(雲)

f:id:binarybeginner-yt:20150605160713p:plain

基準線、転換線、先行スパン1・2、遅行スパンの5本からなる指標です。

 

BOで特に重要なのは先行スパン1と2で成り立つで、現行レートを飛行機に例えて動きを予測することが可能です。

飛行機は厚い雲ほど抜けるのが難しく、薄い雲は抜ける可能性があるというイメージです。

binarybeginner-yt.hatenablog.com

binarybeginner-yt.hatenablog.com

 

移動平均

f:id:binarybeginner-yt:20150609142146p:plain

短期移動平均長期移動平均から、レートの動きを読みます。

線は期間内の平均値を表しているので、線から離れすぎると戻ってくるという予想ができます。

MACDと同じように、ゴールデンクロスデッドクロスがあります。

binarybeginner-yt.hatenablog.com

 

オシレーター

RSI

f:id:binarybeginner-yt:20150611173002p:plain

相対力指数という意味で、期間内で変動した値幅の割合を表しています。

レートの上がりすぎ・下がりすぎを見ることができます。

 

グラフが30%以下もしくは70%以上のエリアで反転したときが、レートの転換期を表しています。

binarybeginner-yt.hatenablog.com

 

ストキャスティクス

f:id:binarybeginner-yt:20150611173647p:plain

直近の価格と比べ、高値安値のどちらにより近いのかを%で表します。

 

ゴールデンクロスデッドクロスがあり、20%以下もしくは80%以上でクロスすると、レートの転換期とみることができます。

長期的なトレンドが続いているときは、グラフが天井や床に張り付いてしまい、役に立たなくなることもあります。

binarybeginner-yt.hatenablog.com

 

指標を使い分ける

指標はそれぞれ表しているものが違い、有効になるタイミングも様々です。

ひとつの指標だけではダマシにあうこともしばしばなので、複数の指標を同時に見る必要もあります。

それぞれの利点・特徴を掴んでおき、正しく見ることで、レートが今どういう状態なのか、今後どのような動きになるかを判断しましょう。

 

にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
にほんブログ村

*** 関連記事